八重子のハミング

2016年/日本/112分/劇映画

監督・脚本:佐々部清
原作:陽信孝「八重子のハミング」(小学館文庫)
出演:升毅、高橋洋子、梅沢富美男、文音、中村優一、安倍萌生、朝加真由美、井上順
©Team「八重子のハミング」

いつか来る夫婦の別れ。ゆっくりと二人で歩む“ありがとう”の人生―

〈作品解説〉
四度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレター
山口県のとあるホール。「やさしさの心って何?」と題された講演。妻・八重子の介護を通して経験したこと、感じたことを語る白髪の老人、石崎誠吾。誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。
夫の短歌と共に綴られる、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた12年。

・・・こんな上映会におすすめ・・・
お年寄りが元気になる行政イベントや地域上映会など

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です