きみはいい子


2015年/日本/121分/劇映画
監督:呉美保
原作:中脇初枝「きみはいい子」(ポプラ社刊)
出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、喜多道枝、富田靖子

「しあわせな子ども時代が、すべての人にあってほしい」 四万十市出身の作家・中脇初枝さんの想いが込められた小説が映画になりました。

〈作品解説〉
学級崩壊に直面する新米教師、虐待の連鎖を断ち切れず娘に手を上げる母親、自閉症の少年と交流する認知症気味の独居老人、障がいを持つ息子を抱え不安で押しつぶされそうな母親―。
誰もが生きづらさを感じる現代社会の中で、それぞれが心に抱えたその痛みを、誰かに気づいてもらうこと、手を差し伸べてもらうこと、人とのつながりから生まれるそのささやかな希望を描いた物語。

・・・こんな上映会におすすめ・・・
地域ぐるみの子育て支援、地域コミュニティを考える地域上映会、行政イベント上映会など

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です