2020.04.19(日)とさぴくVol.73「おいしい家族」

監督:ふくだももこ
出演:松本穂香、笠松将、板尾創路、他
95分 © 2019「おいしい家族」製作委員会

「実家に帰ると、父が母になっていました。」
自分を見失ったヒロインが母の三回忌に帰った故郷の島。――そこは人を互いに肯定し合う“ユートピア”

都会での生活にすっかり疲れた橙花。久々に離島の実家へ帰ると、父が亡き妻の服を着ている!? さらに見知らぬ中年男と女子高生の親子までが居候し、なんと父はこの男と家族になると言い出す。「家族になりたいって何?……そんなの普通じゃない!」混乱する橙花は、そんな父と何の偏見もなく接する弟夫婦や居候の2人、島の人々と関わるうちに、両親に普通の父親らしさ、母親らしさを求めて縛り付けていたことに気づく。人も気候も穏やかな島を舞台に、家族の新たなカタチを描いた新時代のホームドラマ。

妻を亡くした父が再婚するまでの親子の日々を描いた人間ドラマ。母の三回忌で離島へ帰省した橙花は、父の青治が母の服を着て生活する光景に驚く。青治にパートナーの和生を紹介され、状況を上手く理解できない橙花だったが、個性を受け入れるおおらかな島の住人との交流を通し、自分らしく生きることの大切さに気づいていく。

家族における絆とそれに向き合う主人公の心境や新しい家族のあり方を映し出す。新進女優・松本穂香が長編映画初主演を務め、娘に結婚を報告する父に板尾創路、そのパートナーを浜野謙太が演じる。


■日時
2020年4月19日(日)①10:00 ②12:30 ③15:00

■会場
高知市立自由民権記念館ホール(132席)(高知県高知市桟橋通4丁目14−3)

■鑑賞料
前売  一般・シニア1,200円(当日1,500円)
当日券 一般・シニア1,500円 障がい者1,200円 中高生1,000円
※小学生以下無料

■前売券販売所
高新プレイガイド
高知県立県民文化ホール
高知大丸プレイガイド
かるぽーとミュージアムショップ
金高堂書店本店
高知 蔦屋書店2F
こうち生活協同組合(コープよしだ、コープかもべ)
高知県立美術館ミュージアムショップ
ローソンチケット(Lコード:61641)
※)電話、FB、メールで前売券のご予約ができます。

■主催:とさりゅう・ピクチャーズ、シネマ四国

■お問い合わせ
088-855-9481 シネマ四国 田邊
cinema-shikoku@sweet.ocn.ne.jp

■後援
高知市教育委員会・公益財団法人高知市文化振興事業団・RKC高知放送・高知新聞社・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知